1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

中央小学校タイムカプセル開封実行委員会

1987年3月に埋めた長野原町立中央小学校のタイムカプセルを、25年経過した、2011年9月23日に開封いたします。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28

Category: 実施作業等

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

7月27日 第3回実行委員会

 7月27日に山村開発センターにおいて第三回実行委員会を開催しました。
実行委員数ですが第一回9人、第二回16人、第三回24人と回を重ねる毎に多くの皆様に参加して頂き、開封まで残り二ヶ月を切って実行委員会も充実してきました。
 さて今回は8月6日に行う石碑移動についての確認と、当日の係分担について協議しました。
 石碑移動ですが、実行委員の大矢君のご厚意で、重機を無償で動かしてもらい石碑を校庭の別の場所に移動します。現在の校長先生から「二十五年の歴史がある物なのでぜひ学校に残してもらいたい。」ということだったので、場所は変わりますがこれからも中央小の校庭に残ることとなりました。
 次に当日の各担当ですが、式典係(イベント進行)、発掘係(タイムカプセルの掘り起こし)、受付係(各学年毎)、交通整理係、仕分け係(発掘した品の仕分け、学年毎)、撮影係としました。
 そしていよいよ8月になると周知活動も本格化します。

○町内で御協力頂ける商店、学校等にポスターとチラシを置かせてもらいます。
○イベントの回覧板を回します。


 また同窓会を行う学年はイベント内容を併記した同窓会の通知を発送します。尚、タイムカプセル開封に関する個別の告知は基本的に実行委員会では行わないこととなっておりますのでご了承下さい。
 実行委員もまだまだ募集しておりますので、ぜひ参加して頂ければとうれしいです。特に当時4年生と2年生の実行委員が少ないのでよろしくお願いします。
次回、第四回実行委員会は8月31日です。

塩野

06

Category: 実施作業等

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

6月29日 第2回実行委員会

20110629201412-1.jpg

6月29日に山村開発センターにおいて第二回実行委員会を開催しました。

 第一回の立ち上げから、立ち上げメンバーの勧誘の成果もあり各学年の責任者が決定し、実行委員数も着実に増えてきました。

 さて今回協議したのは、まず石碑移動工事の日取りについてです。
 タイムカプセルが入ったシェルターの上に人力では動かせない石碑と鋼鉄製のフタがのっているため、8月中に移動して取り除いておこうというものです。
 前回の試掘と違って、今回はシェルターのフタも持ち上げるのでタイムカプセル本体も確実に拝めることだと思います。これは工事当日に参加した実行委員のみの特権なので実行委員の方はぜひご参加下さい。

 次に、周知活動についてです。
 すでにホームページは完成しているものの、そのことを周知しなければならないのでいろいろ知恵を出し合いました。
 どうしても自治体や学校などの後援団体がついていないのでお金のかかることができないのが実情です。そこでまず開封日に合わせて、学年毎に同窓会をしてみてはどうかと提案しました。いろいろ話を聞くと、どの学年もほとんど同窓会をしていないとのこと。いろいろ事情もあると思いますし、仲良し飲み会と違い同窓会の幹事というのは非常に大変で損な役回りなので無理強いはできませんが、同窓会の案内にタイムカプセルの件も記載して送れば、かなりの周知効果が見込めるはずです。
 結果、1,2,3,6年がそれぞれ同窓会を開催することになりました。

 次に回覧板です。町外該当者が帰省するであろうお盆に合わせて該当地域に回覧板を回そうというものです。さらにポスターとチラシを作成し町内の商店などに置いてもらう予定もあり、同時期に送られる同窓会の通知との相乗効果も期待しているところです。

 次回、第3回実行委員会は7月27日開催予定です。まだまだ実行委員を募集していますので、多くの方のご参加をお待ちしています。

 塩野

16

Category: 実施作業等

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

6月16日 試掘までの経緯について

実行委員長の塩野です。
 今回はタイムカプセル実行委員会設立から試掘までの経緯を説明させて頂きます。

 今回の開封にあたってのもともとの発端は(25年前に埋めたのがもともとの発端ですが)、昨年度、私が中央小のPTA会長をやっていまして、校長室でお茶を飲んでいたときのこと、現在の校長先生から「どうも来年タイムカプセルを開ける年のようなのでが、塩野さんなんとかしてくれないか?」という話をもらったところから始まります。確かにタイムカプセルを埋めたのは憶えていましたし、同級生との酒席でも話題にのぼることがあったのですが、いつ開封するのか憶えている人は誰もいませんでした。
 そこで調べたところ、平成23年9月22日開封と校長室に貼ってあった当時の写真に記載されたものが見つかりました(というか、後で見たら石碑にも書いてあった)。そもそも3月に埋めたのに、なんで中途半端な9月22日なのかと思ったら、中央小の開校記念日なのだそうです。 当時6年生の担任だった高山先生もちょうど昨春から応桑小の校長に赴任されてきたので話をうかがったところ、どうも開けるときのことは特に考えていなかったということで逆にお願いされてしまいました。「まだ1年以上あるしなんとかなるか」と、とりあえず引き受けたのが昨年の話。
 で、「やべえ、なにも考えてなかった!!」となったのが今年5月の話。
 
 そこでまずは一緒にやってくれる仲間探しということで、職場にいる当時の該当者に声をかけて実行委員会を立ち上げることにしました。またそこから、学年責任者という形で何人かに参加してもらい、5月末にはめでたく第一回実行委員会(という名の飲み会)を開催することができました。

 そこで話し合ったのが、
①誰も(学校や自治体)バックアップしてくれないので予算等なにもありません。
②25年も前に埋めたカプセルがまだ無事に埋まっているの?

 ①は実行委員をしっかり集めて、その中で知恵と力を出し合えばなんとかなるということになったのですが、②は実際掘ってみないとなんとも言えないだろうということに。
 じゃ、ちょっと掘ってみちゃおうぜと、トントン拍子に試掘の話が進みました。

 6月4日、集まった仲間と石碑の周りから掘り始めるとあっさり出ました、タイムカプセル。正確にはタイムカプセルを保護してあるシェルターなんですが、25年前に埋めた担当の方から事前にお話はうかがっていた以上に頑丈なシェルターが出てきました。

 とはいうものの、シェルターの蓋は分厚い鋼鉄製だし、その上には巨大な石碑が鎮座しているので人力での開封はほぼ不可能。今後はイベント前に石碑の移動と蓋の剥離を行う予定となっております。
 このあたりの作業は実行委員をやらないと見ることができないので、興味のある方はぜひ実行委員会にご参加下さい。
 以上、実行委員会立ち上げから試掘までの経過報告でした。

imgp4609.jpg
imgp4610.jpg
imgp4611.jpg
imgp4612.jpg

06

Category: 実施作業等

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

6月4日 試掘作業

6月4日(土)中央小学校にて、「タイムカプセル」の試掘作業を実施しました。
25年も前の事なので、当時埋めた正確な場所や状況も中々把握できない中で、一番の気がかりなことは、「本当にタイムカプセルがあるのか?」、その一点でした。
9時に実行委員がスコップ持参で集まり、掘り進めた結果、埋められたおおよその位置と状態が確認できました!
試掘1
試掘3
試掘4


プロフィール

timecapsule1987

Author:timecapsule1987
実行委員会の書記を担当しています。
ブログにて、このタイムカプセルのお知らせをして行きたいと思います。ちなみに当時何を入れたのか、全く覚えておりません。見たいような、見たくないような・・・いずれにしても25年って、月日の経つのは早いものです。

最新トラックバック
メールフォーム
メールアドレスは、正確に入力してください。 誤ったアドレスでは返信されませんので、ご注意ください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。